最近では喫煙者・タバコへの風当たりも強く、「そろそろタバコをやめようかな…」と考えている人も増えていることでしょう。

 

しかしいざやめようと思ってもなかなか始められず、始めてもすぐにまた吸い始めてしまう方も多くいます。そういう方のために、は自分一人で禁煙を続けようとするのではなく、効果的な禁煙アイテムや第三者の協力、医師の協力を受けて禁煙することが出来るのが禁煙外来なのです。

 

 

禁煙外来で処方される禁煙治療薬はニコチンパッチ(ニコチネルTTS)またはバレニクリン(チャンピックス)となります。

 

ニコチンパッチは体内のニコチン量を少しずつ補給し、ニコチン切れによる諸症状を和らげる効果があります。
バレニクリンは脳内のニコチン性アセチルコリン受容体(ニコチン受容体)と結合することで、
脳内のドーパミン分泌量を増やし、ニコチンとの結合を阻止するはたらきをします。

 

ニコチンを含まず、かつニコチン依存度を下げる効果が高いことから禁煙治療の主流となっています。
※副作用もあり使用の際は用法・用量を守って、医師の指示に従って使用しなければなりません。

 

 

ちなみに民間療法の場合は禁煙パイポ、ニコブロック、ニコレット、電子タバコなどが主流となっています。

 

またメンタル面の問題を解消するために効果的とされる
禁煙DVDやインターネット禁煙マラソンも近年では注目を浴びています。

 

しかし完全禁煙を実現するためには相当な忍耐力と、何度も失敗を繰り返す可能性を意識しておかなければなりません。その際専門的な立場からアドバイスをし、より効果的な薬剤を処方する、
禁煙外来の利用を検討しておくと良いでしょう。

『時間がない!!』『もっと手軽に禁煙したい!!』という方は・・・