喫煙者の方にこそ聞いてほしい。

 

最近、タバコに関する新しいデータが発表されました。

 

 

喫煙者の皆さんは、目を背けずしっかりと聞いておいてもらいたいものです。

 

このデータは、「タバコを吸わない女性(日本人)に関する調査」の一環です。

 

 

その発表内容とは・・・

 

 

 

「夫の喫煙によって、タバコを一切吸わない妻が、肺がんになるリスクは、約2倍にまで増加」

 

 

 

…今大急ぎでこのページを閉じようとしているご主人や彼氏さん。。

 

聞いてくださいよ。。

 

 

 

一度もタバコを吸った事の無い妻が、肺がんになるリスクは、夫の喫煙本数が多いほど高まっていたようです。

 

 

このように受動喫煙によって、タバコを吸わない人の健康も、あなたの予想以上に損なわれています。

 

空気清浄機は、タバコの臭いを除去するだけであり、有害物質をすべて取り除いているわけではありません。

 

 

タバコによって、愛する人の寿命を縮めかねないという事実に、しっかりと向き合いましょう。

 

 

その一本が命取り!何気なく吸ってしまうタバコで、すべてを失いかねません。

 

 

 

 

日頃、お仕事や子育てを頑張っているあなたですから、妻や夫は「タバコくらい」という寛大な気持ちで、あなたのことを無下にすることなどありません。

 

 

家族の大黒柱である旦那様や、家事や子育てを一生懸命頑張っている奥様。

 

 

ほっと一息つくために、ふと何気なく吸っているその一本のタバコが、すべてを無駄にしかねません。

 

 

あなたのことを、決して悪いと思っている人はいません。ただ今一度、心の拠り所を「タバコ」なんかでなく、ほかのものに向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

受動喫煙による害はこんなに!

 

ここで、タバコを吸っていない「妻」と「子ども」がどういう病気にかかりやすくなるのか、紹介しましょう。

 

 

・妻が、かかりやすくなる病気

 

脳卒中、肺がん

 

慢性閉塞性肺疾患

 

肺気腫などの既にある呼吸器疾患の悪化

 

喘息の誘発と悪化

 

動脈の損傷・脆弱化・血栓

 

心筋梗塞・狭心症

 

妊娠:低出生体重児または妊娠期間に比して小さい胎児

 

早産

 

 

 

・子どもが、かかりやすくなる病気

 

中耳炎(慢性中耳炎)

 

呼吸器感染症(気管支炎、肺炎)

 

喘息の誘発と悪化

 

慢性の呼吸器症状(喘鳴、咳、息切れ)

 

肺機能の低下

 

ヘモグロビン、冠動脈への悪影響

 

乳幼児突然死症候群(SIDS)

 

 

 

となっております。

 

 

タバコを吸う事で、これだけの病気リスクが高まる事を、どうぞ心に刻んで下さい。

 

 

家族を想うあなたであれば、きっと自分の我慢だけで済む「禁煙」という選択肢を選び、成功させられるはずです。