禁煙「せざるを得ない」状況に身を置く

タバコを吸ってしまうのは、「つい、いつもの癖で」という場合が、非常に多いです。

 

喫煙しているという感覚がなく、水や食事を同じで、日々の暮らしのルーチンになっているのです。

 

今回は、この「生活におけるタバコ」について、どういう方法で向き合うと、禁煙に効果的なのか考えていきましょう。

 

 

タバコにまつわるものを、すべて排除せよ

 

 

タバコを吸う為には、もちろんタバコが必要です。また、ライターや灰皿などもなければなりません。

 

実は、あなたの頭の中で、これらを見た瞬間に「タバコが吸いたい」という発想が、毎回生まれているのです。

 

例えば、空腹や睡眠、生理現象などは、あなたの意思に関係なく、身体にとって必要なことだから、意識せずに「欲求」が生まれます。

 

しかし、タバコはあくまで「連想ゲーム」になっていることを、再確認しましょう。

 

なので、タバコだけでなく、ライターや灰皿など、タバコを連想させるものは、すべて捨ててください。

 

 

 

それでも忘れられない、あの白煙で得られる快感

 

 

タバコに関係するものは、何も「物」だけではありません。

 

あなたの心の中にも存在している、「タバコ」に対する執着心も排除しなければなりません。

 

例えば、食事の後に必ず、タバコをお吸いになる方は、食後だけでも我慢してみてはいかがでしょう。

 

寝起きに必ず、お吸いになる方も、一番身体がタバコから離れている状態です。朝の節煙こそ、とても効率よく禁煙をすることができます。

 

 

 

タバコが吸える場所には寄らない

 

 

あなたは恐らく、毎日の通勤ルートや、会社での営業や業務ルートで、一服出来る場所を確保していると思います。

 

その場所に、意識的に寄らないでみるのもより効果的です。確実に、喫煙回数を減らす事が出来ます。

 

少しずつで構わないので、禁煙している自分を褒めてあげましょう。

 

つまり、禁煙によって得られる喜びを少しずつイメージする事が大事です。

 

禁煙できた時の喜びを、妄想や自己満足する事で本当に達成する事が出来ますよ。

 

 

>>タバコはオトコ力の天敵だ!!

 

 

 

トップページ