女性のへ禁煙のススメ

女性にとって喫煙は非常にたちの悪いことしか人体に起こしません。
加えて男性に比べて、タバコの害が大きく出やすい研究結果が出ています。

 

今回は、タバコの女性に対する害に関して紹介いたします。

 

 

タバコが女性に対して特に影響を与えているのは、肌のはりや骨に関して多大な影響を与えます。

 

両者に共通しているのは、コラーゲンの生成を阻害しているという点です。

 

コラーゲンは肌や骨に存在しているあらゆる細胞の土台なのです。
この土台は、コラーゲンで作られており、2つの有害物質で生成を阻害してしまうのです。

 

それは、一酸化炭素とタールになります。一酸化炭素はコラーゲンにあるペプチド結合を破壊します。

 

そのため肌の弾力を無くしてしまいます。
さらに肌の生成に重要なビタミンCを壊してしまいます。

 

 

またコラーゲンは実は骨を作るコツが細胞の土台になっているため、
骨粗しょう症のリスクも高くなります。

 

加えて、タールの発ガン性物質は細胞の生成を阻害してしまいます。

 

土台を壊して、細胞の生成を抑えるので体の老化が早くなるのです。
それは一般的に言われている肺だけが喫煙によって害があるわけではないのです。

 

女性は男性よりも、ホルモンの影響を受けやすく、肌や骨粗しょう症のリスクも高いのにタバコは女性の魅力を台無しにします。

 

他にも実は喫煙による肺がんなどのリスクは、男性よりも高いことが知られています。

 

それは、女性の方が肺が小さく、気管の粘膜の感受性が良いからです。

 

 

このように女性にとってはタバコは害しかありません。禁煙を行うきっかけになれば幸いです。