禁煙外来とは?

“禁煙外来”という言葉を聞いた事がある、という人も多いのではないでしょうか。
TVCMでも紹介されているアレです。もっとも、禁煙外来という言葉は別に最近になって出てきた言葉ではありません。

 

【禁煙外来とは?】

 

 

特定の疾患や症状の改善のために、専門的な治療や診察を行う外来科を専門外来と呼びますが、その名の通り禁煙外来というのは、

 

「お医者さんと一緒に禁煙をする、
たばこをやめたい人用の専門外来科目」
の事です。

 

 

タバコをなかなかやめられない大きな原因のひとつは、
ご存じの通り、その強力なニコチンの依存性があります。

 

自分は意思が弱いから禁煙出来ない…
と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、
ニコチンの依存性はコカインなどの麻薬と遜色ない程
強力
なもの。

 

 

ニコチン依存症は“治療が必要な病気”と位置付けられており、
お医者さんに治療薬を処方してもらい、二人三脚で禁煙を実現していく。

 

 

これが、禁煙外来なんですね。

 

 

たばこをやめられない理由の大半はニコチン依存症によるもの。
理由に占める割合は7割以上にのぼります。

 

 

たばこがやめられない理由を意志の弱さと思いこんでいる人も多いかもしれませんが、実際にはまず間違いなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因と考えられます。

 

 

たばこを吸う習慣は「ニコチン依存症」といわれ、“治療が必要な病気”と位置付けられているんです。

 

 

そのため、このニコチン依存症という病気を治したい=禁煙したい!という“患者さん”のために存在する専門外来科が「禁煙外来」なんですね。

 

 

お医者さんと一緒に禁煙

禁煙外来では、お医者さんが禁煙を希望する人に合わせたカウンセリングやアドバイス、治療薬の処方をしてくれます。

 

自分一人で根性で頑張るのもいいですが、お医者さんの的確な意見を参考に、
二人三脚で禁煙というゴールを目指すのが禁煙外来というわけ。

 

 

これまでに禁煙して失敗してしまった、長続きしなかったという経験はありませんか?

 

 

タバコを吸うという習慣を抑止するために、ニコチンガムやパッチなどの
タバコ以外からニコチンを取り込むグッズもありますが、
禁煙外来では、新しい「ニコチンを含まない」治療薬を処方してくれるケースが増えてきています。

 

 

ちなみにこの新しい治療薬は、ニコチン切れのイライラを緩和し、タバコを吸った時、「おいしいと感じなくする」成分が含まれていたりするんです。

 

 

以外と知らない健康保険の適用 ※条件があります。

病院に行って、お医者さんに診てもらうというと、気になるのが保険の適用について。

 

禁煙外来なんてあんまり馴染みもないし、高額な治療費を請求されるんじゃ…なんて心配もあるかもしれませんが、
2006年から、健康保険等を使って、禁煙治療が受けられるようになっています。

 

そして気になる費用ですが、これもTVCMの通りで、
禁煙外来にかかる費用は、およそ12,000円〜18,000円が一般的。

 

 

…こらこら、毎日400円のたばこ買ってる人が高いよーとか言うんじゃない。

 

そうです。大体1〜2ヶ月分のたばこ代と同じ程度なわけですね。

 

 

ただし、健康保険が適用されるには条件があります。
まとめてみると、以下がその条件になります。あなたのニコチン依存症は?

 

健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」として、以下の4点を満たしていること。

 

ニコチン依存症を診断するテストで5点以上。

YES…1点  NO…0点

Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
Q4

禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
・イライラ・眠気
・神経質・胃のむかつき
・落ち着かない・脈が遅い
・集中しにくい・手のふるえ
・ゆううつ・食欲または体重増加
・頭痛

Q5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

 

1日の平均喫煙本数×喫煙年数=200以上。

 

1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている事。

 

禁煙治療を受けることに文書で同意している。 ※別途問診票の記載、捺印

 

 

前回の治療(初回診察日)から1年以上経っている事

過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことがある場合、
前回の治療の初回診察日から、1年経過するまでは健康保険のが効きません。

 

※自由診療(全額負担)ならもちろん可能です。

 

※最終的なニコチン依存症の診断はお医者さんが行います。

 

 

健康保険等を使っての禁煙治療が実際に受けられる医療機関を受診する

各医療機関により、健康保険が適用される禁煙外来の有無は異なります。

 

 

 

以上の3つポイント(条件)が揃っていれば、健康保険の適用を受けた禁煙外来の受診が可能です。