タモリさんの禁煙方法

テレビでお馴染みのタモリさん

 

個人的にはいかにもヘビースモーカーっぽいイメージを持っていましたが、やっぱり1日60本吸っていたんですね。

 

そのタモリさんが禁煙に成功したと方々で話題になっているようなので、一体どんな方法で?と思って調べてみたら、とってもシンプルな…。

 

 

とはいえ、タモリさんらしいというか、誰にでも出来る禁煙方法ではなさそうだと思わず唸るような方法だったんですね。

 

 

 

タモリさんは、「タバコを吸いたいという欲望は15秒しか続かない」と人から聞いたそうです。

 

だから「タバコ吸いたいな」と思ったら15秒数えるようにした、というんですね。

 

 

…これが、タモリさんが1日60本のタバコ生活にピリオドを打った禁煙方法。

 

思わず唸ってしまいませんか?

 

 

 

禁煙本などでも紹介されていますが、特に禁煙グッズに頼らないでタバコをやめるには、強力なニコチン依存症に対抗できるだけの、自己洗脳に近い考え方の革新が必要になります。

 

例えば、このタモリさんの禁煙方法にしても、仮に15秒で吸いたいという衝動が収まるとしても、この機会というのは1日に何度もやってくるはず。その都度、15秒を数えるという事を地道に繰り返す事が必要になります。シンプルではありますが、そのルールを粛々と継続する意思のチカラは必要にはなってきますね。

 

 

自力禁煙に分類される禁煙方法のうち、例えば結婚するから、子供が生まれるから、重い病気にかかったから(或いは疑いがあるから)など、一生に数える程しかない重要な事柄から、是が非でもタバコをいますぐやめなければ後がない!という程鬼気迫る状況であれば、禁煙はすんなり成功するかもしれません。

 

 

逆に、体に悪いし…、お金の無駄だし…といった平凡な理由で「禁煙でもしようかな?」といった軽いモチベーションでは、どうしても離脱症状には敵わない場合が多く、これが自力禁煙が最高難度と言われている所以です。